かまぼこのヒミツを知る ワークショップ開催!

2015.08.06

  • Evernoteに保存
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
かまぼこのヒミツを知る ワークショップ開催!

夏休みも早1/3が経過、
毎日暑いですが、せっかくの夏も楽しみたいものですね。
とはいえ、外は暑い。。

  
そんな時は、涼しい室内でのイベントがおすすめです。

8月2日、西武小田原店でかまぼこワークショップを開催いたしました。
今日はその内容を紹介します。

かまぼこは、お正月料理には欠かせないですね。
白くて、プリプリして、おいしいかまぼこ。このかまぼこは、夏にとっても必要な食品だったのです。
その謎を皆さんと解き明かしていきました。

まずは基本的なかまぼこの知識からスタートです。

かまぼこは、いったい何で出来ているか知っていますか?

ワークショップ

実は、魚のすり身でできています。
では何のお魚でつくられているのかな?
何匹使われていると思う?
いつから食べられているのだろう?
・・・・・・・・・・・

かまぼこの歴史、かまぼこづくりなどのクイズに
ご家族で参加していただきました。

 

 

 

かまぼことにんじんドレッシング
次はお楽しみの試食タイムです。
そのまま食べて美味しいかまぼこですが、今回はかまぼこ専用のにんじんドレッシングをかけてお試しいただきました。

にんじんが苦手のお子様や、普段あまりかまぼこを食べない・・・というお子様も
「おいしい」「食べやすいね」「ドレッシングも合うのね」というお声をいただきました。

 

 

 

美味しく食べたら、最後は遊びましょう!

マグネット板絵 

かまぼこの板は、かまぼこがついている時に大切な役割をします。
その板をそのまま捨ててしまうのは、もったいない。

かまぼこ板に絵を描いてみましょう!

紙ではなく普段書き慣れない“板”。
小さいキャンパスに何を描こう?
縦に使う?横につかう?斜め?両面かなぁ?

絵はどうやって描こう・・・
色えんぴつで下書きして・・・クレヨン色づけしたり、
ダイナミックに色ペンで描いたり
みなさん、ちょっと苦戦しつつも思い思いの絵を皆さまに描いていただきました。

今回はかまぼこ板を事前に洗って乾かし、裏面にマグネットをつけていましたので
できた作品はお家の冷蔵庫にペタリ。いろんなところに貼って楽しめます。

かまぼこの板は、薬味(にんにく)を切るときのまな板代わりになったり、鍋敷きにも使えます。
ぜひお試しください。

さて、鈴廣では「小さな美術展 かまぼこ板絵国際コンクール」の作品を募集しております。

締め切りは8月31日(必着)
詳しくはこちら→ かまぼこ板絵国際コンクール

***

学んで・食べて・描ける、楽しいワークショップとなりました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

 

近日中に開催されるワークショップをご案内いたします。

◆鈴廣蒲鉾 御殿場店隣り 秩父宮記念公園で開催

鈴廣蒲鉾 御殿場店隣り 秩父宮記念公園にて
かまぼこワークショップや間伐材と押し花のワークショップ、かまぼこ板絵展示会を開催します。
御殿場店でもイベント開催中!

詳しくはこちら

ぜひお越しください。

  • Evernoteに保存
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ブログ記事