岡田美術館&千世倭樓でのお食事

2016.11.18

  • Evernoteに保存
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

岡田美術館&千世倭樓でのお食事

かまぼこのこと、小田原のことをより身近に感じていただき、深く愉しんでいただきたいという想いから、鈴廣には『如(ごとし)倶楽部』という会員倶楽部があります。
月に一度の会員様イベント、11月は鈴廣かまぼこの里内『千世倭樓』にてお食事の後、岡田美術館にて企画展をお楽しみいただきました。

まずはゆったりをお食事を楽しんで

日差しも暑く11月中旬過ぎとは思えない陽気の中、11月のイベントが開催されました。
まずは鈴廣かまぼこの里内「千世倭樓」でのお食事から。「潮の音御膳」を召し上がっていただきました。

如イベント 千世倭樓如イベント 千世倭樓

【当日のスケジュール】

11:30
鈴廣かまぼこの里内「千世倭樓」集合
11:35
お食事
12:25
千世倭樓 出発
13:30
岡田美術館 到着
12:25
岡田美術館 出発
16:40
解散

紅葉の箱根も楽しめるおでかけ

如イベント 岡田美術館如イベント 岡田美術館

お食事後はマイクロバスで箱根町小涌谷にある岡田美術館に向かいました。
車窓からは、箱根を上っていくほど山々の色づきが濃くなる紅葉がきれいに見えました。
そうこうしている間に、バスは岡田美術館に到着。

岡田美術館は2013年10月に開館し、日本・東洋の美術品を公開する美術館です。
今回は企画展として「若冲と蕪村」が開催中でした。最近世間でも注目度が上がっている伊藤若冲の「孔雀鳳凰図」が見られるとのことで、皆様もさらに楽しみにされていたようです。
到着後、マイクロバスまで館内の方がお迎えに来てくださり、館内での見所や注意事項をお話してくださり、そのまま入口までご案内いただきました。

如イベント 岡田美術館如イベント 岡田美術館

館内入口前には広いスペースをとった源泉掛け流しの足湯があり、足湯の前には福井江太郎氏による巨大壁画「風・刻(かぜ・とき)」を展示されており圧巻でした。
入口で入館手続きを済ませた後、改めて展示品や鑑賞のポイントなどを伺ってからそれぞれ自由鑑賞です。

一番の見ごたえはやはり

5階建てのこちらは展示数も大変多く、庭園も広くとても充実した美術館でした。
各階見応えがありましたが、やはり若冲の「孔雀鳳凰図」は一際魅力的でした。各部拡大図があったので、若冲の技法がいかに素晴らしいかが伝わりとてもわかりやすい展示になっていました。

如イベント 岡田美術館如イベント 岡田美術館

庭園も丁度紅葉が見頃でとてもよかったとのお客様のお声もありました。
館内の外にあるミュージアムショップでは若冲チョコレートが1日限定10個で販売されていたりと若冲グッズも人気なようです。 館内も庭園も足湯も充実していて、1日ゆっくりと時間を過ごしたくなるような大変魅力的な美術館でした。
美術の世界に浸れた充実した1日になりました。

いかがでしたか?箱根の美しい紅葉にプラスして、心が洗われるような美術鑑賞も趣き深いですね。
月に一度の如倶楽部イベント、次回のご紹介もお楽しみに!

鈴廣の会員制サービス、『如(ごとし)倶楽部』では、イベント参加以外にもさまざまな特典をご用意しております。
お店では会員様専用のラウンジで、地元の銘茶、足柄茶でおくつろぎいただけるほか、送料の割引サービスなどの特典も用意しております。年に4回発行しております季刊誌「如(ごとし)」は、小田原や日本の食文化の魅力を再発見していただけるような、読み応えのある内容となっております。
ご夫婦、ご家族で、お友達とご一緒に、ぜひお問い合わせください。

◆イベントのお問い合せ・パンフレットのご請求は 電話 0120-5104-66
如倶楽部について 詳しくはこちら

  • Evernoteに保存
  • このエントリーをはてなブックマークに追加