• TOP
  • ブログ詳細ページ

9月のかまぼこメッセージ弁当「運動会で優勝弁当」

2015.04.29

  • Evernoteに保存
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秋の運動会シーズンです。今日は、「運動会のお弁当どうしようかな」と考えている皆様に、かまぼこ弁当を考えてみました。

Img7420

おなかが空くお昼時。運動会も後半に向けてエネルギーを蓄える時間です。子どもたちは、「どんなお弁当作ってくれたのかな。勝つだからトンカツかな」なんて、期待に胸を膨らませています。
ふたをとったら、トンカツでも、トリカツでもなく・・・。応援のメッセージが込められたかまぼこ弁当なんていかがでしょう。きっとお子様もびっくりすると思います。

筋肉疲労にかまぼこが効果的

かまぼこで応援弁当を作るのには、栄養学的な理由もあります。筋肉の疲労回復にかまぼこがぴったりだからです。筋肉の疲労回復には、筋肉の材料となるアミノ酸が必要です。 特に、アミノ酸の中でもバリン、ロイシン、イソロイシンという3種類のアミノ酸が、損傷した筋肉の復元に活躍します。かまぼこはこの3種類を含む、食べ物から摂取しなければならない9種類の必須アミノ酸すべてを豊富に含んでいます。 さらに、魚肉を一度すりみにしているため、魚の筋肉繊維がすりつぶされて、消化されやすいのも利点です。試合前にかまぼこを食べるプロのスポーツ選手もいるのです。

絵弁当の作り方

使ったのは紅色の板かまぼこと「ぷちかま」です。

puchi puchikamahousou

 

【作り方】

1、旗の作り方です。紅のかまぼこの紅の部分をかつら剥きします。
img05_02

すると1枚の紅色の布のようなかまぼこを切り取ることができます。この布状にしたかまぼこを旗の形に切り、勝の文字をカッターなどで切り抜きます。旗の棒はほうれん草の茎などで作ります。

img05_03

2、うさぎや熊、ライオンの作り方です。鈴廣の一口サイズのかまぼこ「ぷちかま」を使いました。ぷちかまの上に、顔のパーツを切り抜いた海苔をのせます。薄焼き卵やハムなどで耳やたてがみを作ってください。

  • Evernoteに保存
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ブログ記事