車いすアスリート土田和歌子選手 リオデジャネイロ・パラリンピックへ

2016.11.15

  • Evernoteに保存
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

土田和歌子選手 サカナのちからを飲んで リオデジャネイロ・パラリンピックへ!

サカナのちからを飲んで第一線で活躍している車いすアスリート土田和歌子選手が、この夏行われたリオデジャネイロパラリンピックに出場されました。
惜しくもメダルは逃しましたが、トップとわずか1秒差で4位に入賞!
今回はオリンピック内定までの道のりをお伝えいたします。

東京マラソンでの活躍

東京マラソン 土田和歌子東京マラソン 土田和歌子

第10回の記念大会となる東京マラソン2016(兼2016リオパラリンピック代表選考レース)の車いすマラソンに土田和歌子選手は出場し、1時間41分04秒で見事優勝。同大会9連覇を達成しました。

今大会から車いす部門も国際化され、アメリカから女子の世界チャンピオンも招待選手として出場するなど、各国の豪華トップ選手達が揃いました。リオ選考基準として陸連から設定されているタイムは1時間46分以内で3位内入賞(日本人トップ)となっており、この基準をクリアすることが今大会の第一目標でありました。

ラストスパートが決め手

東京マラソン 土田和歌子東京マラソン 土田和歌子

レースはスタートからアメリカのタチアナ選手と土田選手が飛び出し、前半から2人のマッチレースとなりました。
20km付近まで交互に先頭交代しながらハーフポイントを48分台で通過、時折、タチアナ選手が仕掛けて差が開く場面もありましたが、冷静に追いつきそのまま勝負は一進一退のまま後半へ。

36kmから続く上り坂でタチアナ選手がスピードを上げ何度かスパートをかけましたが、土田選手も必死にくらいつき、最後の勝負へ備えました。
そして41km過ぎの下り坂を利用して土田選手が渾身のスパート、ここでタチアナ選手を一気に振り切り、そのまま大観衆の待つゴールへ飛び込み見事な優勝(9連覇)となりました!リオデジャネイロ・パラリンピックの選考基準も全てクリアし、リオへの道が大きく近づきました。

土田選手 東京マラソン優勝!土田選手 東京マラソン優勝!

【記録概要】

  • 大会名:東京マラソン2016
  • 日時:2016年2月28日
  • 場所:東京都庁前〜東京ビッグサイト
  • 種目:車いすフルマラソン
  • 記録・結果:1時間41分04秒 優勝(9連覇)

御蒲鉾「一」(はじめ)の題字

今年のはじめ題字は土田選手今年のはじめ題字は土田選手

年始め一番に召し上がっていただきたい御蒲鉾「一」(はじめ)。厳選した魚、名水箱根百年水、 昔ながらの職人の手づくりで仕上げた品でございます。
毎年、その年に活躍された方に題字を書いていただいており、今年は土田選手に書いていただきました。
お正月の為だけにつくる限定300組は、ご予約にて承り、年末にお届けいたします。

御蒲鉾「一」(はじめ)

御蒲鉾「一」(はじめ)のご予約はこちらから

  • Evernoteに保存
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ブログ記事