漆の研ぎ出し体験

2018.02.21

  • Evernoteに保存
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

漆の研ぎ出し体験&千世倭樓のお食事

かまぼこのこと、小田原のことをより身近に感じていただき、深く愉しんでいただきたいという想いから、鈴廣には『如(ごとし)倶楽部』という会員倶楽部があります。
月に一度の会員様イベント、2017年12月は、小田原市に店を構える石川漆器の石川様をお招きして、漆の研ぎ出し体験をし、さらに鈴廣かまぼこの里内『千世倭樓』にて、お食事を楽しんでいただきました。

【当日のスケジュール】

10:20
鈴廣かまぼこの里内「かまぼこ博物館」入口集合
10:30
漆の研ぎ出し体験 開始
12:30
千世倭樓にてお食事
13:30
解散

漆の研ぎ出し体験

漆の研ぎ出し体験漆の研ぎ出し体験

かまぼこ博物館の入口にお集まりいただいた後、今回体験いただく3階のスペースまで上がりました。はじめに、小田原市に店を構える石川漆器の石川様に漆器についての講義を受けました。
小田原漆器の特性や、完成品の見本を見せていただきつつ、漆の研ぎ出しをどのように進めるかを実演つきでご説明いただきました。

研ぎ出しに夢中

漆の研ぎ出し体験漆の研ぎ出し体験

直径約20㎝の丸い朱のお盆に絵柄を紙やすりで研ぎ出していきます。
そのまま朱のまま残したい部分は研ぎ出さず、お盆に模様を出したいところはやすりで研ぎ出すと黒く模様が出ます。
石川様がつくられる漆器は、漆を何重にも丁寧に塗って仕上げられているので、今回のお盆もやすりをしっかり力を入れて磨いていかないと、なかなか下の黒地は出てきません。

漆の研ぎ出し体験漆の研ぎ出し体験

事前に模様を考えて下絵をしっかり描いてきて始める方、お孫さんのためにキャラクターや名前を研ぎ出す方や、繊細な花や雄大な富士山を描く方など、皆様とても熱中して作品づくりに向き合っているようでした。
やすりで削って、布で拭いてを繰り返して模様を出していきます。
研ぎ出しが終わったら、磨き粉で磨いて完成です。終わった後は、お互いの作品を見比べあったりとご自分の作品の仕上がりに満足気なご様子でした。

千世倭樓にてお食事

漆の研ぎ出し体験漆の研ぎ出し体験

集中して製作体験を終え、千世倭樓に向かいました。
講師の石川様もお食事の席にご一緒していただき、食事中も様々なお話をお楽しみいただきました。

いかがでしたか?
たまには子どもの頃のように、何かに没頭するという時間も楽しいものです。肩こりには注意が必要ですが。。
月に一度の如倶楽部イベント、次回のご紹介もお楽しみに!

鈴廣の会員制サービス、『如(ごとし)倶楽部』では、イベント参加以外にもさまざまな特典をご用意しております。
お店では会員様専用のラウンジで、地元の銘茶、足柄茶でおくつろぎいただけるほか、送料の割引サービスなどの特典も用意しております。年に4回発行しております季刊誌「如(ごとし)」は、小田原や日本の食文化の魅力を再発見していただけるような、読み応えのある内容となっております。
ご夫婦、ご家族で、お友達とご一緒に、ぜひお問い合わせください。

◆イベントのお問い合せ・パンフレットのご請求は 電話 0120-5104-66
如倶楽部について 詳しくはこちら

  • Evernoteに保存
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ブログ記事