お土産に『プリかま』を作ってみました!

2015.08.14

  • Evernoteに保存
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お土産に『プリかま』を作ってみました!

今日も暑い!
こんにちは、鈴廣レポーターです。

昨日、小田原では久々の雨が降りました。

立秋を過ぎ、朝晩少し暑さが緩んだ気がしますが、
雨が降るとさらに涼しさを感じます。

先週までの唸るような暑さ、、、
もうこのまま涼しくなってくれればいいのですが。

 

さてさて、今年もいつの間にかお盆の時期ですね。
帰省土産も考えないといけないなと思っていたところ、
突然、遠方の友人が数十年ぶりに会いに来てくれることになりました。

「小田原、行ったことないんだわ。行くね。
えーと、提灯と蒲鉾、でしょ。」

間違いではない、
ただ、他にもお城とかいろいろあるんだけど。。

ともかく、かまぼこをご所望なので
かまぼこを用意しておかない手はないですね。

せっかくなら他にはないかまぼこを
ということで、風祭に行ってきました。

ここ、此処。
かまぼこの里 プリかま

鈴廣、かまぼこの里にある
かまぼこを贈る”コーナーでは

かまぼこに絵をえがく・えらぶ・つつむが自由にできます。

世界にひとつだけ のかまぼこを贈り物にできるということです!!

 

実はわたくし、このコーナーに行くのは初めて。
かまぼこの里はよく遊びに来ていましたが、
このコーナーは7月にオープンしたばかりなのです!

プリかま贈るコーナー

コーナーには何やらわくわくするものがたくさん飾っています。

かまぼこの大きさも、いろいろ。
つつむ柄も、いろいろ。。

贈り物を楽しむ、そんな空間です。

 

 

 そもそも、かまぼこに絵を描く?ってどういうこと?
という方はぜひこちらをご覧ください。
→描いて伝える想い『プリかま』

 

早速、かまぼこに焼印する絵を描くところから。
コーナーは広いので、テーブルも借りられました。

プリかま

描けたら店員さんに渡すだけ。

通常、仕上がりまでは30分程度だそうです。
お客さんが多いときにはもう少し待ち時間が増えてしまいますが
隣りには汐風カフェがあるので、ジェラートを食べて待ちましょう♪

 

 

プリかま完成

 

そしてーー、完成しました!!!

満足の出来栄え?でしょうか。

 

 

 

後日、友人夫婦がやってきました。
「よ う こ そ 小田原へ」

プリかまプリかま

 

こんな蒲鉾はじめてー!!
なんか描いてあるー!
名前が入ってるーー!!
と、とっても喜んでもらえました。

 

せっかく会えるその人のことを想って
メッセージを載せたかまぼこ。
気持ちは無事相手に届いたようです。

便利な世の中、手土産候補は数多あるとは思います。
この暑い夏こそは、かまぼこで栄養を!

大切な人へ贈る、世界にひとつの蒲鉾を
プリかまで作ってみませんか。

 

箱シール

ちなみに、つつみを開けた時の

このシール。

 

シール

可愛いイラストの他にも
「ありがとう」や「おめでとう」といった
さまざまなシーンで選んでいただけるものが
用意されています。

箱を開ける前に、まずは一言気持ちを伝えられます。ささやかですが、小さなサービスまで考えられている
かまぼこを贈る”コーナー
ぜひ一度行ってみてください。

 

 

なお、プリかまは、描いたイラストデータを送っていただき
インターネットからのご注文も可能です。
→ご注文・詳細はこちらから

 

こちらの記事もご参考ください。
『今度は帰省土産。プリかまをネット注文してみた』

  • Evernoteに保存
  • このエントリーをはてなブックマークに追加